新月灯花 なかの 日記

アコースティックユニット「新月灯花」のGt&Vo中野裕子が更新担当する日記★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雨の日に

20090301172812
よく屋根に登ってました。
特に雷雨の日なんかはサイコーでした。
晴れた日にもたまに漫画とおやつを持って屋根の上で至福の時を過ごしてました。
嫌がる友人を無理矢理上がらせた事もあるくらい、マイフェイバリットスポットの1つだったんですが

悲しいかな

一人暮らしを始めてからずっとアパート住まいなので、登る屋根が無い。

もう5年以上屋根に登っていない。

なんて事を鬱々と考えています。

これが所謂プチ鬱ってやつ。


話は変わって
最近、手塚治虫ばかり読んでます。一度読んだものから全て読み返しています。今は「火の鳥」。でも3巻がなかなか見つからないので、一先ず「バンパイヤ」と「時計仕掛けの林檎」を読みました。
彼はすごい話しを書きますね。読み終わった後に思わず「むふぉ~…!」とでかい溜め息をもらしてしまう程。
だけど人に聞くと「アドルフに告ぐ」と「陽だまりの樹」をまだ読んでないのに手塚治虫を語ってはダメだ!と言われました。

そうなのか…(゜д゜;)!ガーン!

その二つをまだ読んでないってことは、まだ手塚治虫の凄さを知らないとゆうこと。
らしいデス。

手塚治虫の凄さは作品の量にもあると思います。
彼はものすごい量の作品を書いてて、もう大半読んだんじゃないかと思っても、まだまだまだまだあるのでした。全て読破するにはまだまだまだまだ時間がかかります。



のぞむところだ。

打倒手塚治虫。


全部読破してみせマス(`・ω・´)!


画像:中野、鬱の図




♪LIVE INFO♪

★5月8日 神戸VARIT
「風月企画」
スポンサーサイト

未分類 | トラックバック:0 |

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。